業務内容|下野市、小山市の防水工事、塗装工事なら常新株式会社

業務内容

防水工事

防水工事

降雨水や生活用水が建物に染み込むのを防ぎます。例えば、ビルの屋上など雨風に長年さらされていると、コンクリートにひび割れや亀裂が入り雨漏りの原因になります。また、老朽化及び劣化によるものもあります。
こういった、ひび割れや亀裂などが発生しないように定期的にメンテナンスをし、防水工事をすることによって雨漏りの原因を防ぎます。
防水工事は、屋根・屋上、ベランダ・バルコニー、外壁、窓枠など、その箇所によって工法が変わります。防水の種類によって適切な防水工事をします。

常新株式会社では、建築物の用途により防水施工方法が異なるため、様々な防水加工の工法に対応しています。建物の形状・規模・使用目的に応じて適切で迅速・安全な防水工事を行います。

防水工事の種類

ウレタン防水

ウレタン防水は、液体のウレタン樹脂を塗膜するだけで防水層を形成する材料を使用する工法です。液体状なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を加工できます。

特徴
  • 下地の形状に馴染みやすい。
  • 水密性が高い連続皮膜が得られる。
  • つなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れる。
耐久年数

12年前後

ゴムシート防水

ゴムシート防水は、合成ゴムのシートを接着剤で貼り付ける工法です。

特徴
  • 伸縮性が高い
  • 対候性にも優れる
  • 手軽にでき、短工期。
耐久年数

13年前後

FRP防水

FRPとは「Fiberglass Reinforced Plastics(繊維強化プラスチック)」の略で、プール・水槽・ビル・マンションの屋上・住宅のバルコニーなどに用いられる防水工事です。

特徴
  • 強度が高く耐久性に優れている
  • 下地への密着性が強いので防水性に優れている
  • 下地の膨張・圧縮にも剥離の心配は少ない
耐久年数

13年前後

塩ビシート防水

ビルの屋上防水や水槽の腐食防止、老朽化したプール、急勾配の屋根の補修などと、さまざまな施工面に利用できる防水工事です。
特徴としては、耐水性に優れており仕上がりも綺麗で、耐久性も高く、屋上などの防水工事に最適です。また、低コストで工期も短縮できます。

塩ビシート防水の種類

塩ビシート防水は、大きく分けて主に2種類の工法があります。

密着工法

防水層を下地に完全に密着させる工法です。コストパフォーマンスが高く、工期が比較的短くて済みます。工法により、歩行・重歩行が可能です。

絶縁工法

防水層を下地に密着させずに、防水層と下地の間に空気を含んだ「浮かす」工法です。防水層が下地の影響を受けず、防水層が長持ちします。また、工期が短く低コストです。

特徴
  • 防水性が非常に高い
  • 仕上がりがとてもきれい
  • 衝撃や磨耗に強く、耐久性に優れている
耐久年数

13年前後

シーリング工事

シーリング工事

シーリング工事は、外壁と窓枠や、ガラス周り・サッシ周りにシーリング材という不定形材料を充填する技術のことです。外壁部材が温度や湿度の変化による伸び縮みでずれたりし、外壁部材が相互にぶつかり合うのを防ぐ為に、追従性のあるゴム系のシーリング材で充填します。
シーリング工事をすることによって継ぎ目やサッシなどの建具とコンクリートとの隙間を埋めて雨水から建物を守ります。

シーリング材の種類

シーリング材は、大きく分けて二種類に分類されます。

定型シーリング材(ガスケット)

あらかじめ形状が定まっているゴム紐状の材料で、主に窓ガラスとサッシの隙間などの目地に詰め込みます。

不定形シーリング材

形状の定まっていないペースト状のものを充填し、乾燥、硬化後にゴム状(弾性)になります。一般的にシーリング材として使用されているものは、不定形シーリング材になります。

お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

       

【営業時間】9:00~18:00 ※土日祝休み

お問い合わせ

pagetop

pagetop